普通のブックカバー紹介 

ネットショップはこちらからどうぞ。 オリジナルブックカバー屋 textlife store



「普通のブックカバー・文庫」
IMG_8595bb.jpg

表のプリント柄が魅力的です。
内ベルトは表布と共柄になっています。

本の厚みに合わせて調節できます。
本の厚みは2cm まで大丈夫。
2.5cm もぎりぎり行けるかも。

テキストライフオリジナルの「収納スタイル」にはなりません。

「しおり」 はあります。
「内ポケット」 はありませんが、その分すっきりした表紙の手触りです。

外出用にオリジナルのブックカバーを、
自宅のリラックスタイム用には「普通のブックカバー」を
使い分けていただくのも良いかと思います。

または

自分用はオリジナルブックカバーで、
お友達には「普通のカバー」をおすそ分けする。

もちろん「普通のブックカバー」 だけでもお求めいただけます。

テキストライフで作ったものですので
丁寧に仕上げています。

ネットショップでお待ちしています。





スポンサーサイト

ブックカバー・新書(京極)追加しました。 

ネットショップはこちらからどうぞ。 オリジナルブックカバー屋

新書(京極)サイズを追加しています。
新書の厚みが 3.0cm~4.5cm の本専用のカバーです。
対応のサイズが狭い理由は


【新書の厚み 3.0cm 】
IMG_8735b.jpg
「読書スタイル」            
折り返したカバーの布がちょうど収まっています。
これ以上本が薄くて折り返しが長くなると、本の間にカバーがきれいに収まらなくなります。
なので本の厚みは 3.0cm 以上が適します。
IMG_8741b.jpg
「収納スタイル」


【新書の厚み4.5cm】
IMG_8737b.jpg
「読書スタイル」
新書を重ねて 4.5cm にしています。
この厚みでも「読書スタイル」に余裕があります。

IMG_8740b.jpg
「収納スタイル」
カバーで本を巻いてゴムを掛けることができます。
写真のように安定して包めるのは 厚み4.5cm で最大だと思います。



以上のように「読書スタイル」と「収納スタイル」の両方の都合で
新書(京極)サイズは、厚み 3.0 ~ 4.5cm に適したカバーです。


厚みが3センチの本のカバーには
「新書」サイズで対応できます。
一般的な厚みの新書にも使えるので「新書」サイズをお勧めします。

新書(京極)は、ご希望があれば作りますので
商品が少ない場合はお問い合わせください。


ブックカバー屋 テキストライフストア でお待ちしています。









新作紹介 タブレットカバーHAORI 2016 kindle paperwhite  

ネットショップはこちらからどうぞ。 オリジナルブックカバー屋


タブレットケース kindle paperwhite 新作 です。

IMG_8713b.jpg kindle paperwhite (白) no,607543

タブレット固定のゴムが灰色なので、白いキンドルに向いています。
柄の関係で右開き用です。
(左開きにするとキノコ柄が逆さまになります。)

本を開くようにカバーをめくって読書をお楽しみください。
使い方は以前の
をご覧ください。

表裏の布は麻混の生地なので、手触りはシャリシャリとさっぱりしています。
赤いタグがポイントです。
内側の水玉も生成り地のナチュラルな印象です。
2種類あるのでネットショップでご覧ください。

左開きが使いやすい方は作りますので
お気軽にリクエストください。

お待ちしております。


ブックカバー・新書 サイズの説明 

ネットショップはこちらからどうぞ。 オリジナルブックカバー屋 textlife store



新書用のブックカバーのサイズを変更しました。

以前は新書だけでなく、
新書より少し大きいコミックまで入るようにしていましたが、
これからの
【新書(173×105)】は
新書、ノベルスにちょうど良いサイズになります。

岩波新書 173 × 105 

を基本に作っています。
本の縦が174の新書も一部あるようです。入ります。

本の厚みは数ミリ~3センチまで対応しています。

コミックスは入らなくなりましたが
新書、ノベルスの使い心地は良くなると思います。

本の厚みが3センチ以上の新書は
【新書(京極)】で対応しています。

これまでのちょっと大き目だった新書は
【コミックス(176×113)】になります。


ネットショップでお待ちしています。

ブックカバー紹介 

ネットショップはこちらからどうぞ。 オリジナルブックカバー屋 textlife store



テキストライフストア オリジナルブックカバーの紹介です。
写真は【新書(173×105)】です。

IMG_8675b -
布のブックカバーです。
「読書スタイル」と「収納スタイル」の二通りの使い方があります。



「読書スタイル」
IMG_8682b -
「読書スタイル」は本の厚みに合わせてカバーを折り込みます。



「収納スタイル」
IMG_8684b -   IMG_8686b -
折り込んでいた布で
くるんと本をくるんでゴムでとめると「収納スタイル」です。
カバンの中などで本を守ることができます。



「そのほか色々」
IMG_8692b -
内側のポケットとしおりを基本的には付けるようにしています。
ポケットに付箋などを入れても便利だと思います。

本のサイズによっては、内側のベルトが2本になったり、
サイズを少し変えていたり、ゴムもちょっと変えたりしています。


表には11号帆布を使っていることが多いです。
バッグなどの帆布よりも薄手です。
帆布は使い込んでいくと表面の織りが滑らかになって味わいが出てくると思います。
内側の生地は他人には見えませんが
見えないところにこだわるのも大人っぽいかと思います。
読書、収納のスタイルを変えるときにチラリとします。


ネットショップでお待ちしています。