FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文庫サイズの説明 

従来の文庫用サイズと新しい文庫(京極)用サイズの比較です。

                   文庫用カバー         文庫(京極)カバー



             読書スタイル  収納スタイル  読書スタイル  収納スタイル
文庫の厚 2.5cm      ○         ○         △        ○

文庫の厚 4.0cm      ○         ○         ○        ○

文庫の厚 5.0cm      ○         ×         ○        ○

「読書スタイル」として、ブックカバーで本を包み込まなくても良いなら
今までの文庫用カバーでも充分 京極夏彦の「鉄鼠の檻」の厚み5cm文庫に適しているといえます。

京極カバーは4センチよりも薄い本になるとあまり適しないのですが
「読書スタイル」の際に布を2回折り返せば、使えます。
下の写真をご覧ください。

京極カバーと2.5センチの本
京極カバーを厚み2,5cmの文庫「百鬼夜行・陰」につけてみました。
「読書スタイル」で折り返した布をさらに折ることになります。
使い心地を考えるとちょっと気になる使い方ではあります。

どちらも一長一短ありますが。
京極夏彦の5センチを超える本のために
ブックカバーが欲しかった方には京極サイズはとてもおすすめです。
他ではまず手に入らないと思います。

もちろん文庫サイズの方が適する本が多いです。

カテゴリ「ブックカバー屋のお知らせ」の中の『「鉄鼠の檻」用カバーはじめました』『「収納スタイル」にならない文庫』にも文庫サイズと文庫(京極)の話を書いています。

オリジナルブックカバー屋 textlife store でお待ちしています。



ブログランキングに参加しています。一押ししてくださるととても嬉しいです。
人気ブログランキングバナー
FC2 緑小バナー
  

スポンサーサイト

「鉄鼠の檻」のブックカバーはじめました。 

オリジナルブックカバー屋 textlife store はこちらからどうぞ。



鉄鼠の檻 本とカバー
作りました極厚文庫用のカバーです。
文庫(京極)サイズ。

特徴は京極夏彦の「鉄鼠の檻」をはじめとする
厚さ5センチの本がカバーでき、
さらにくるんと包んだ「収納スタイル」もできます。
京極サイズ、帆布緑
帆布緑と
京極さいず、茶帆布
帆布茶色の
2色です。
裏はどちらも青系の葉柄麻混です。

これで本を包み込む「収納スタイル」は
ちょっとわざわざ人に見せたくなる迫力です。

しかし
大は小を兼ねるかと思いきや
文庫(京極)サイズは
厚さ4センチの本までが薄さの限界です。
それ以上薄い(?)本は「読書スタイル」が
すっきり決まりません。

こだわりの愛読家にお届けしたいサイズです。
商品アップは少々お待ち下さい。

続きには、従来文庫サイズと京極サイズを比べ
本の厚みに対する適応を御紹介します。

オリジナルブックカバー屋 textlife store でお待ちしています。



ブログランキングに参加しています。一押ししてくださるととても嬉しいです。
人気ブログランキングバナー
FC2 緑小バナー

「収納スタイル」にならない文庫。 

オリジナルブックカバー屋 textlife store はこちらからどうぞ。



ぶ厚い文庫OKといいながら、ちょっと残念な話。
京極夏彦の「鉄鼠の檻」は文庫サイズながら
本の厚みが5.5cm。
もちろん「読書スタイル」は出来ます。
鉄鼠の檻カバー
写真のように、ゴムを「読書スタイル」でも活躍させてください。
よりカバーが落ち着きます。
鉄鼠の檻カバー2
しかし、「収納スタイル」が出来ません。
文庫のカバーのヨコは32センチを基準にしています。
「鉄鼠の檻」は一周ピッタリ32cm。
「陰摩羅鬼の瑕」も収納スタイルができません。
「百器徒然袋ー雨」は大丈夫でした。

薄い文庫にカバーをつける場合、
表紙に合わせて折り返す布がタブつかないように
ヨコの寸法を決めたのですが。

これは困った。

しかし「鉄鼠の檻」などの厚い文庫は
分冊したものが新しく出ているそうですね。
それなら適応サイズです。

適応するカバーも用意したいところですが。

まあまあ、せっかくですから寄っていかれませんか
オリジナルブックカバー屋 textlife store でお待ちしています。



ブログランキングに参加しています。一押ししてくださるととても嬉しいです。
人気ブログランキングバナー
FC2 緑小バナー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。